CATEYE VOLT400〜フロントライトの増設〜

こんにちは!タケです。

先日の「雨中ナイトヒルクライムin足柄・明神・三国峠」でフロントライトの光量不足を痛感しました。

なのでスマホホルダーとあわせて

フロントライトも購入しました。

CATEYEVOLT400です。

ではさっそく紹介します。

スポンサーリンク
投稿中PC広告



内容物・概観

amazonから届いた箱を開封します。

するとこのような形で入っていました。

内容物は以下の通りです。

  • ライト本体
  • 充電用USBケーブル
  • マウント
  • 説明書

本体のサイズ感ですが、

ボールペンより少し短いくらいですね。

思っていたよりもコンパクトです。

取り付け

それでは実際に取り付けていきます。

まずはマウントをハンドルに取り付けます。

僕の場合、以前からつけている「CATEYE VOLT100XC」の外側に取り付けることにしました。

(このXCがついていないCATEYEのシリーズは、マウントの取り付けが必要です。

XCがついているシリーズは、ラバーバンド式の取り付けになります。)

コの字の開いている方を前ベルトが後ろ向きになるように取り付けます。

取り付け順序は

  1. Aネジをゆるめる
  2. ベルトを引っ張ってハンドルに取り付ける
  3. Aネジをしめる
  4. Bネジを+ドライバーでしめる

最後のBネジをしめるのを忘れないようにします。

マウントが取り付けられました。

これでライト本体を取り付ければ完成です。

ちなみにこのライトは、ハンドルの下側にも取り付けられます。

その場合はベルトハンドルの上コの字型の部分がハンドルの下
にくるように取り付けましょう。

取り付け完了

完成です!!

ライトも2つ並ぶと壮観ですね。


頼もしいです。

VOLT400のスペック

取り付けが完了したので、スペックを簡単に紹介しておきます。

使用時間
ハイ:約時間(400lm)
ミドル:約時間(100lm)
ロー:約18時間(50lm)
ハイパーコンスタント:約11時間(点灯×点滅)
点滅:約60時間
充電時間:時間(付属Micro-USBケーブル使用)
重量:120g
繰り返し充放電回数:標準300回(定格容量の70%容量低下まで)

バッテリーはVOLT800/400/300/50とも互換性あり
カートリッジ式バッテリーの採用で予備のバッテリーに交換可能に。
(バッテリーと充電クレードルは別売りです)

※CATEYEホームページ参照

詳細はCATEYEホームページをご覧ください。

光量比較

今使っているVOLT100との光量も比較してみます。

先ほど紹介した通り、VOLT400の光量は

ハイ400 lm
ミドル100 lm
ロー50 lm

です。

一方VOLT100XCの光量は

ハイ:100 lm(1時間)

です。

照らしてみるとこんな感じになります。


照射範囲、明るさともにVOLT400の方がGOODです。

実際に道路を走ってみたときの写真はまだないです。

そのかわりCATEYEのHPにBeamchartというものがあったのでぜひ参考にしてみてください。

CATEYE beamchart

アプリもあるみたいです↓

AppStore

Google Play

CATEYEの販売するライトのほとんどを比較できます。

これでみるとやはり100 lmという光量はかなり心細いですね。

市街地以外を走るときは、最低でも400 lm以上はほしいところですかね。

充電方法

最後に充電方法もご紹介しておきます。

このVOLT400カートリッジ式バッテリーが採用されています。

なので別売りのオプションを購入すれば、バッテリーを取り外して充電が可能です。

付属のMicro-USBを使って充電するには、


ライト本体の裏側にあるふたを開けて

ケーブルをつなぎ、USBアダプターへ接続すれば充電できます。

充電中はON・OFFのボタンが赤く点灯し、完了すると消灯します。

付属のケーブルがあれば、モバイルバッテリーからでも充電可能です。

まとめ

今回はフロントライトCATEYE VOLT400を紹介しました。

自転車はれっきとした車両です。
夜間、道路を走るときはライトは「点灯」です。

「点滅」や「無灯火」での走行は道交法違反です。ルールを守って楽しいサイクルライフを!!!

タケでした!

スポンサーリンク
投稿中PC広告



投稿中PC広告



この記事をシェアする

タケをフォローする